法人向けBフレッツは2種類

Bフレッツは、法人向けとして、企業用のビジネスタイプと個人事業主などのベーシックタイプの2種類を提供しています。

この2種類は、必要な費用と可能接続端末数などが違うだけで、光ファイバー回線や通信速度は同じです。

インターネットに接続したいパソコンが複数台ある方や、大容量データ通信を行う方は、この法人向けサービスがおすすめです。

企業や通信会社向けのビジネスタイプ

Bフレッツのビジネスタイプは、企業で大量にデータを扱う利用に最適なサービスで、最大通信速度は100Mbpsになります。

また、最大接続端末数は50台となり、会社で10台以上のパソコンを速度が落ちることなく使用することができます。

そのため、テレビ会議や動画の一斉配信、ASPサービス、画像ライブラリーなどの大容量コンテンツなどに最適です。

Bフレッツのビジネスタイプは、NTT収容局までの光回線が共有されていないので、他の回線に邪魔されることなく、安定したインターネット通信を使用できます。

SOHOやヘビーユーザー向けのベーシックタイプ

Bフレッツのベーシックタイプは、毎日大容量のデータを扱う個人事業主やヘビーユーザーに最適なサービスで、最大通信速度100Mbpsとビジネスタイプと同じになります。

また、最大接続端末数が10台となり、10台までのパソコンなら超高速で大量のデータ通信を安定した環境で行うことが可能です。

接続端末数が少ない分、ビジネスタイプよりも安価な料金で使用できるところが特徴となっています。

Bフレッツのベーシックタイプも、NTT収容局までの光回線が共有されていないため、他の回線の影響を受けることなく安心して利用することができます。

Copyright © 2010 Bフレッツ比較ランキング All Rights Reserved.