個人向けBフレッツはどういったものがあるか

Bフレッツでは、個人向けサービスとして、戸建て用のファミリータイプと集合住宅用のマンションタイプの2種類を用意しています。

この2種類は、工事費や月々の利用料金などの費用に関する違いはありますが、光ファイバーを使用する点では同じです。

また、どちらもBフレッツを使用する際は、回線開通工事をする必要があります。

戸建て向けのファミリータイプ

Bフレッツのファミリータイプは、電柱や地下から部屋まで光ファイバー回線を引く戸建て住宅専用サービスです。

通信速度は、最大1Gbpsのアクセス区間を複数の方が共有し、1個人宅の下り(データ受信)は最大100Mbpsとなります。

料金はプロバイダにより異なりますが、6000円前後となり、マンションのような大口契約に比べると多少料金が高く設定されています。

また、アパートやマンションなどの集合住宅でも、建物に光ファイバーの設備が整っていない場合は、このファミリータイプを利用することになります。

集合住宅向けのマンションタイプ

Bフレッツのマンションタイプは、6世帯以上の集合住宅にNTTが光ファイバーの設備を導入して利用するサービスです。

通信速度は、1Gbpsまたは100Mbpsを複数の方が共有し、1個人宅の下りは最大100Mbpsとなります。

料金は世帯数により異なりますが、約3500~4000円となり、戸建て向けサービスより安価の設定です。

また、光回線を導入していない集合住宅の場合は、ファミリータイプを契約することになりますが、管理会社が回線開通工事を認知しなければ契約できませんので、事前に管理会社に確認しておきましょう。

Copyright © 2010 Bフレッツ比較ランキング All Rights Reserved.